Membership ID

PIN code
SSL(https)接続
ログイン方法について

Friday Column

No.176

『アコギ魂 2008』

あぁ、ねむい、ねむたい。平均睡眠10時間を誇る私としたことがこの1週間はその平均が6時間を割っています。先週から書いてますように、もう、忙しかったですから。なにしろ大御所男性歌手のアレンジ2曲があり、しかも会社のビル内引っ越しが重なったもんですから、社内にデモ録音スペースのある私が頭の中で予定していた作業工程が1日減るじゃないかってことで、先週末は社内のメイクルームに機材を持ち込んで、そこでアレンジしてました。で、これはなんとか大きなヤマを越え、あとは明日のレコーディングをキッチリやればそれでOKなんですが。今週は23日(火)の地元福岡でのイベント【アコギ魂 2008】出演のため、前々日の日曜日夕方に福岡入り。月曜日は同級生とゴルフやって、そのあと飲み会でしょう、あぁ、忙しい忙しい、そんなこんなで寝るひま削ってました。

で、23日は福岡の博多湾沖に東から西に突き出た砂州にある海の中道海浜公園で【アコギ魂 2008】です。福岡在住の二人組【ケイタク】が中心になってやっているイベントは今年が3年目、その名のとおり“アコースティックギター”のイベントなんですが、私は“ギ”を“ピ”に一文字勘違いしたカタチで“アコピ”での弾き語り出演、それも2年連続の勘違いです、いいでしょう。

朝9時半に会場入りして10時からリハーサル。イベントは12時からスタートしました。「R.O.B」「Bottom」「相川理沙」と福岡在住の若手アーティストにつづき関西からやって来た「Daizo」、奇跡のオッサン「今西太一」、そのあと「藤重政孝」、みなさん敬称略ですいません。ステージ裏にはプレハブコンテナの楽屋が並び、その前にテーブルが並び、そこでみんなず〜っとギター弾きながら雑談してます。そうギターの人ってず〜っとギター持ったままなんですよね。私のツアーバンドのギタリスト・中野豊さんも楽屋ではず〜っとエレキ持ったままペチペチペチペチ弾きながら雑談してます。そう、私の時代は、ジェフ・ベックやらジミー・ペイジやらリッチー・ブラックモアやらのギターフレーズを年がら年中コピーしてペチペチペチペチいっつも弾いてる “ギターの虫”が多くいたものです。最近はコンピューター類の機材の凄まじい進化もあってそういう“ギターの虫”的なベタなプレーヤー思考の若者が減ってきたなんて話を聞いていましたが、このステージ裏の光景を見る限りだいじょぶというか、“ギターの虫”はちゃんとあちこちに生息しているようです。


ギターの虫はずっとギターを弾き続ける

で、16:30、私の出番です。えぇ、もちろん宣言どおりにブータンの民族衣裳『ゴ』を着ての登場です。【アコギ魂】ですから、2年連続の勘違い出演ながらも“魂”を見せるために一応アコギは持っていき、ピアノの横に立てて置きました、弾きませんけど。でも、この置いとくだけのギターを福岡で手配してもらったりせずに、ちゃんと東京から飛行機乗って自ら持ってくるってところが私なりの“アコギ魂”なのです。演奏曲目は「東京ライフ」「まゆみ」「Day By Day」「Lady Madonna (The Beatles)」「愛は勝つ」「50年後も」の6曲でした。

そして、今回特に印象に残ったのは「アルベルト・シロマ」。ディアマンテスのアルベルトさんです。何年ぶりでしょう、久しぶりに会えてうれしかったし、いやぁ、なんつたってその甘く情熱的な歌とギターにはほんとシビレました。スペイン語と日本語でいろんな曲を歌いましたが、特に『コンドルは飛んで行く』はもう、ほんと西の空に沈む夕陽に日本にいるはずのないコンドルが飛んで行くのが見えましたもん、ホントに。


私にもコンドルは見えた
 

ステージを終えたアルベルトさんと

最後はこのイベントの主催者「ケイタク」のライブ。いい感じに力の抜けたコンビですし、いい曲歌ってます。ケータくんとは彼がアマチュア時代からの知り合いで、タクヤくんとの「ケイタク」としてデビュー以降、福岡で札幌でよく一緒に酒を飲みます。アンコールはこの『アコギ魂』ならではの企画、初挑戦。お客さんにもアコースティックギターをもってきてもらってステージと会場が一緒になってみんなでギターをかき鳴らし、『Stand By Me』を演奏しました。今年が初めての試みなので、ギターを持って来てるお客さんはまだ一部でしたが、来年再来年とどんどん増えてくるとかなりスゴイ光景になることでしょう。

打ち上げでは、鶏の水炊きを囲んで来年に向けての更なるアイディアを出し合ったり、日付けが変わると私の誕生日だったりしたもんですから、あれだけ「ホントにいらないよ、ホントにいいからね、シャンパンは・・」と言っていたにもかかわらず期待どおりにモエ・エ・シャンドンなんかスポーンと抜いてもらっちゃって、バースデイ・ケーキなんかも出してもらっちゃって、ハデに祝ってもらいました。ほんとに「シャンパンはいらないからね」としつこく3回くらいメールしていたんですけどね。でもって、ケイタクと今西さんと木村ゆかさんとスタッフの皆とで2次会。ベロンベロンダーツをしつこくやって、長浜でラーメン食って締めました。「来年も絶対呼んでよ!」と強く言い放って握手を交わし、タクシーに乗ったら4時前でした。これだ!という粋な写真が撮れてなくて申し訳ない。でも、すごくいいイベントで、とても楽しい夜でした。観に来ていただいた皆さまありがとうございました。そうでなかった方、来年は必ずアコギ持って観に来てください。


「46」のろうそく付きバースデイケーキ

というわけで、この9月の大きなヤマが一段落しましたが、なんやかんややることがまだまだたまってますんで、しばらく忙しい時期が続きますが、去年の11月12月にくらべりゃそれほどでもありません。46歳の抱負はねぇ、うぅん、特にないですかね。数字的にあんまり魅力的な感じがないんですよね。ま、とにかくひとつひとつ丁寧な仕事しますんで、これからもよろしくお願いシマトネリコ。

2008/09/26



≪ BACK Latest NEXT ≫

会社概要
サイトマップ
スタッフ一覧
個人情報保護
リンク
推奨環境
お問合せ

sitemap