Membership ID

PIN code
SSL(https)接続
ログイン方法について

Friday Column

No.070

『クイズ・藤木さん以外は誰だ!』

今日はこのコラムアップが通常より数時間遅れてしまいました。なんとなく通りかかった方にはなんら問題はないと思われますが、“毎週金曜日のお昼頃”を楽しみにしていただいている皆さまにはちょっとリズムをくるわせてしまってごめんなちゃいなタウン。私の原稿提出が単純に遅くなっただけで、システム会社スターテレコムさんのせいではありません、悪いのは私です。いや、でもよく考えたら別にすっぽかしてるわけでもないですし、替え玉執筆が行われているわけでもありません。あまりの忙しさに今日金曜日の朝起きて原稿を書くしかなかったというのが実際のところなわけですから、別に私が悪いってわけでもなんでもありませんよね。とりあえず今悪いやつは誰だ?と考えるとそれは今も昔もアメリカじゃないか?、ってことでこの場は通り過ぎましょう。さぁ、そんな甘酸っぱい話はどうでもいいとして、今回もついに開催が迫ってきたツアーに向けての話です。

いや〜ほんとやることだらけでしてね、しかもツアー初日福岡公演まであと5日、残りのリハーサル3日間ですべてを仕上げるわけですからもうたいへんです。ライブ演奏も作品同様“よし、これで完成!”ってことはないですからね、時間はあればあるだけいいんですが、しかしこの限られた条件の中でいかに素晴らしいものを作れるかが重要で、それを作ってこそプロフェッショナルだということなのでしょうからやっぱたいへんですね。でもね、久しぶりのバンドでのリハーサル→ツアーなので楽しいです。やっぱデッカイ音でドンパンやんなきゃですよね、って感じで精神状態は極めて涼子ちゃんでぇ〜っす!。・・・うぅ〜ん、“極めて良好”と書こうとしただけなのに、「う」がスッポ抜けたまま変換したら“涼子”と出てきたもんだから反射的に“ちゃんでぇ〜っす!”と打ってしまったんですが、どうなんでしょう。

“涼子”といってパッと思いつくのは誰ですか?「米倉涼子」「広末涼子」「篠原涼子」・・・、私にしてはスパッと3人も出てきましたが、偶然どなたも“涼しいの涼子”。この“涼子”という名前、やはりCMとかイメージ的にいろんな意味でいいんですかねぇ。と、調べてみると米倉さん、篠原さんは本名。広末さんはホントは岡沢さんらしいんですが、でも涼子は涼子です。ってことでこれはタレントイメージどうこうという話じゃぁないってことですね。70年代的に“涼子”という名前をつけるのがステキだった時期があったのかもしれませんね。でもこの2000年代にこれだけ“涼子”さんがグッドイメージで活躍してるってことは、自分の子供に“涼子”とつけたくなるパパママもたくさんいるだろうってことは、2020年代くらいにまた“涼子タレント”が多く存在することも考えられると言うわけですね。これが“両虎”だったらまたおもしろいんですけどね。米倉両虎、篠原両虎、広末両虎、ひとりなのに“両虎”、3人でも“両虎”。うぅ〜ん、ダメだ広がらん。・・・ってな感じで“ツアーに向けての話”と言っておきながら、漢字変換時にたまたま出てきた“涼子”というキッカケ1個だけでここまで話を無理矢理別方向に引っ張る意味はどこにあったのだろうか。・・・いやしかし、考えてみれば私のコンサートの作り方・やり方自体がモロそのようなものだったのではないか、それもずっと前から。と振り返ってみるとあながちズレまくった話でもない、という考え方も無きにしもアラブ。

さて、今回のライブを一緒に作り、ツアーを一緒にまわるスタッフの写真です。これまで10数年にわたり私やメンバーの様々な思いつきを見事に具現化してきた舞台監督は南谷さんと藤木さん。バカでかい声でお馴染みのミキサーはデビュー翌年くらいからずっと中本さん、ステージ上で演奏者が聴く音関係の調整は三瓶さん。照明は大熊さんと高橋さん。楽器の調整・セッティング・本番中の出し入れは松本さんと佐竹さん。私のツアーは少数精鋭主義。最低限の人数で最大限の仕事をします。みなさん私が現場に入る前にすべての準備を完了し、私が帰った後、片付けて次の準備にとりかかるわけですから、そのたいへんさと言ったら私どろこじゃありません。お時間に余裕のあるハイセンスな皆さまは下の写真を見ながらどの人が何さんか、顔と職種と名前からくるイメージで割り当ててみてください。ちなみにひとりだけこの撮影の前に別現場に行っちゃって写ってないのは藤木さんです。あともうひとりここには写ってませんが、すべての器材・衣装類を積んでトラック輸送するのは寺岡さん。でこの他、ツアーには同行しませんが今回の衣装は「ボン・マルシェ」「ウェディングドレス」など90年代半ばからず〜っと作ってもらっている藤井さん。別の意味でのヘアメイクは冨田くん。そして私の事務所のスタッフ・塚原さんと近藤くんはそれらをも含めたすべてを仕切らなければならないのです。あぁ〜あ。たいへんですよねぇ。

とまぁこんな感じで私の仕事の中で最も大好きなライブツアーがついにもうすぐはじまります。皆さまにお会いできることを腹の底から楽しみにしています。


真のトウモロコシ好きは誰だ!?

※人名割り当てクイズの正解は来週の金曜コラムで
2006/09/15


≪ BACK Latest NEXT ≫

会社概要
サイトマップ
スタッフ一覧
個人情報保護
リンク
推奨環境
お問合せ

sitemap